クレーマーには感謝するべきなのです

普段から「感謝できない、感謝することを意識していられない」という人に、とっておきの方法をお伝えしましょう。

それは、そういう(感謝できない)人がどんな目に遭うのかをよく知ることです。

そこで役立つのが彼らです。そう、クレーマーちゃんたちですね。彼らは感謝しないことにかけては超一流ですからね。

お客様は神様です」の真の意味を理解しない絶好の標本なんです。

早速、巨大プレパラートに乗せて観察してみましょう。

  • 買い物をできるのは店という売ってくれる側があるからなのに、そのこと自体に感謝できません
  • 本来、売る義務などないのに売ってもらえることが感謝すべきことだということに気づきません
  • 商品やサービスといったものが、まるで始めからあったと思っているかのように思っている。
  • 商品を用意してくれた人びとの存在に意識がいきませんし、感謝もしません
  • 健康で買い物に出かけられること自体が感謝すべきことなのに、そういうことすら想像できません

正直、こうやって彼らに意識を向けているだけでも嫌な感じがしてきませんか。この部分を読んでいて、爽快感に包まれたという人はいないでしょう。

クレーマーなんてそんなものなのです。思い浮かべるだけで他人が嫌悪感を抱くような、救いようのない存在なのです。

いいえ、正確には、他人からそんな目で見られても平気でいられることが救いようのないことなのです。もう、お悔やみを申し上げるしかありません。

さあ、爽やかな画像で気分を変えたところで、大切なことをお伝えします。

こんな害悪でしかないような者たちにも感謝するべきなのです。

  • 「さすがに、あんな連中には感謝できない!」
  • 「いつも酷い目に遭っているのに感謝などとんでもない!」

とくに、被害にあっている方などは、いろいろと感じるところはあるでしょうが、次のように考えてみましょう。

まともな人間として扱われず、しまいには精神崩壊しているように見られ、それでも態度を改めずにいられる存在。

自分がそんな人間でいられるかどうかを考えれば、どれほど希少価値が高いかがわかるはずです。

もうお気づきかもしれませんが、クレーマーなどという横柄な態度を取る者たちが存在するワケをお伝えして終えることにします。

あなたのような意識レベルの高い方のチャレンジ用教材として必要だから存在していたのです。

一切感謝しない最高のお手本を活用し、何にでも感謝する習慣を身につけましょう。

知らぬ間に引き寄せの法則がはたらき、幸せな人生が約束されます。