人が頭にくる原因の第1位は思い込み

よくあるシーンを思い浮かべてください。

あなたが車を運転していると、ウインカーもなしにいきなり前に割り込まれました。

運転経験がある方なら、誰しもこんな目に遭ったことがあることでしょう。それほど、よくあることです。

では、このときの反応で最も多いのは何でしょう。

「危ねえな!」

で間違いないでしょうね。

では、この自然な反応の理由はといえば、当然「ヒヤッとさせられたから」でしょう。

ただ、本当に危なかったのかのでしょうか。結果的に事故が起こらなかったということは、その割り込み自体がなかった場合と大して変わりありません。

違うのは、「ヒヤッとさせられたか、そうでなかったか」ということだけなのです。

これが、タイトルでいうところの「思い込みの原因」になっているのです。

要するにこういうことです。

ヒヤッとさせられた→危なかった→悪意があった→怒る

それで間違いなさそうですが、もしヒヤッとさせられなかったらどうでしょう。

あまり現実的ではありませんが、ちょうど居眠り運転をしていて、割り込まれたことに気づきもしなかったらどうでしょう。ふと気づくと、前を走る車の色も形も変わっていて驚いた。などということになりはしませんか。

このとき、その前を走る車のドライバーがしたこと自体は何も変わりません。なのに、あなたの反応は「怒り」ではなく「驚き」になるわけです。

もう、お解りでしょう。こんな場合、そのドライバーの行為に意味づけをしているのはあなただということ。だって、人を怒らせること、驚かすことのいずれだったのかを、当人に確認したわけではありませんよね。

今のような冷静なときによく考えておくのです。

割り込みと決めつけているのは自分。他にもいくらでも可能性があるのに、それに気づかないのも自分。

そのドライバーが

  • ゆとりがないやつだった
  • 運転が下手なやつだった
  • 考えごとをしていた
  • ボーっとしていた
  • 見ず知らずのあなたに悪意を持っていた

いかがですか。可能性の大きい順に並べてみましたが。

今あなたが口をあんぐりと開けているとしたら、それは「最も可能性が小さいものを、ついつい選択している」という気づきを得たからに違いありません。