嫌いな人が多い人は多くの人から嫌われるのか?

「○○なのか?」というタイトルの場合、「いや、そんなことはない!」と続くことが多いものです。

ところが、この記事はそれを覆したいわけではありませんが、「そのとおりです」と続くのです。

結論からいってしまうと、

嫌いな人が多い人は…

多くの人から嫌われる

ということです。言い換えれば、

  • 多くの人がその人を嫌う
  • その人のことを嫌う人の数が多い。
  • その人は多くの人に嫌われる

もう、これぐらいで十分でしょう。

というわけなので、人に嫌われたくなかったら、人を嫌わないようにしましょう。と終わったりはしません。まだ、どうしてなのかについて触れていませんからね。

それでは、その点についてお伝えしていきましょう。

人を嫌う人ってどんな人?

どうして嫌いな人が多い人は多くの人から嫌われるのか?

これを理解するためには、まず投影の法則を理解する必要があります。

投影の法則を一言で説明するなら

この世界は自分を映し出す巨大スクリーンだ

ということですが、もう少しだけ詳しく紹介しておきます。

  • 何かを見たときの感じ方にその人が表れる
  • 何かがそうなのではなく、その人の感じ方がそうである

つまり、この世界に決まっているものはなく、その何かに対する感じ方だけが決まっているのです。

このことを知らずに、いくら好き嫌いに関して考えても徒労に終わります。さあ、この段階でもう一度、嫌いな人が多い人ってどんな人か考えてみてください。

言葉通りに考えると、

嫌いな人が多い → 周りに、嫌われて当然な人がたくさんいる、気の毒な人

となりそうですが、これは完全に不正解。

正しくは、

自分に嫌な面が多すぎる人

ということです。

「なんで?」というリアクションは自然です。

嫌いな人ってどんな人?

ある人のことを嫌うというとき、正しくはその人の中に見える性質を嫌っているのです。その証拠に、同じ性質がある別の人がいたら、やっぱり嫌いますよね。

とにかく、その人たち自体を嫌っているわけではありません。人の嫌な性質が目に留まるということは、その嫌な性質が自分の中にもあるからです。

本当はその人がどんなであろうが、そんなに気になったりしません。ごくごく稀に、「この人(とても大切な人)にだけは、そんなふうになってほしくない」なんて思うことはあるかもしれませんが、それはあくまでも例外です。

その性質が気になるのは、自分がそれを知っているからだ

このことを無意識に感じて嫌な思いをするのです。つまり、実際は自分のことをみているのです。誰でも自分のことがいちばん気になるものですからね。

先ほどのとても大切な人の例を除けば、他人がどんなであろうが、そこまで親身になったりしないものです。ましてや、「嫌いだ」なんて思っている人のことを気遣ったりしないでしょう。

衝撃の真実をどうぞ

自分にたくさん嫌な面がある人が、他人の中にその同じ性質を見て取ったときに、嫌な感情が湧くことを「嫌う」というのです。

ここで今回のタイトルを思い出してください。

『嫌いな人が多い人は多くの人から嫌われるのか?』

なんてくだらない疑問なのでしょう。これって、次のようにいっているのと同じですよ。

自分が嫌になるほどの性質をたくさん持ち合わせた人は、多くの人から嫌われるのかどうか?

今のあなたなら、即答できますよね。

「嫌われるに決まってるだろ!」と。

ここまでで、嫌いな人が多い人は多くの人から嫌われる、ということが納得できたことでしょう。

このように、宇宙の法則を学ぶことで、人間関係におけるさまざまな問題を解消することができます。といっても、実際にはある事実が解明されただけで、何も解決されていませんよね。

知りたいのは

どうしたら嫌われなくなるのか?

でしょうから。

というわけで、次回はタイトルを聞いただけで待ち遠しくなってしまう「人に嫌われないようにする最も簡単で確実な方法」をお届けします。

Coming Soon!