用心深い人は「人生で最も大切な二つのもの」を失っている

買い物に行ったところを想像してみてください。ちょっと下見のつもりが、あまりにも丁寧な説明を受けたために、買わずに帰ることに気が引けてしまった。

そんな経験がありませんか?

これは、返報性の原理、あるいは返報性の法則というものによるものです。簡単にいえば、何かをされたらお返しがしたくなるという心理作用のことで、一般的にマーケティングの基本とされています。

投影の法則に関して説明する際にいつもいうことは、誰でも自分の好きなようにものを見ているということです。

同様に、この返報性に関しても、

  • 上手に人を利用し(騙し)儲ける手段
  • コミュニケーションの円滑化につながる手段

見る人次第で、どちらの見方もできるのです。すべてその見る人の在り方に関わっているわけですね。もちろん、どちらかなのかは決まっているのですが、明らかにわかるようなことは少ないからです。

その際、「何かウラがあるのではないか?」と疑うのか、「ありがたい」と感謝して素直に受け取るのか、反応が変わってきます。

「用心するに越したことはない」という考えから、ついつい疑いたくなるのは当然です。被害に遭いたくないと思うのはごく自然なことです。たしかに、用心しておくことで万が一の際には大事に至らなくて済みます。

ところが、用心深いことにもデメリットがあるのですが、こちらに気づく人は少ないようです。

相手の行動が本当に好意からのものだった際には、とんでもない損害があります。

自分から他者の好意を手にしようとしても、まず不可能です。他人をコントロールすることになりますからね。

そんなに貴重な「好意」というものを、疑うという行為により、無駄にしてしまうことになります。
このことも被害に遭うのと同じように、「もし、そんなことになったら」と気にするべきことなのです。

これにより、

  • 感謝する機会が失われる
  • 人と人のつながりが断たれる

という、人生の重要項目二つが失われてしまうわけです。

  • 悪いことになることを避けようとする
  • よいことを無駄にすることを避けようとする

どちらを重視するべきでしょうか。個人的には、後者を重視したいものですね。

それ以前に、そんな選択をしなくて済む世の中が、いつの日かやってきてほしいものです。そのために必要なのが、人に対する心遣いです。

自分のためになるように、人によいことをする

のと

人によいことをしたいという人には、よいことが巡ってくる

ことの違いです。

この差異を感じられるかどうかが、その人の成長度合いを示しているのではないでしょうか。

無条件の愛のみが愛なのです。